季節ネタ

由加山初詣2020年いつまで混雑する?ご利益やお守りの種類もご紹介

2020年由加山初詣でいつまで混雑するか気になるところかと思います。

できれば混雑を避けて参拝したいところですが、実際のところどうなのでしょうか?

由加山への初詣は、岡山県の初詣神社ランキングの上位に入っていますので、多くの方が参拝されているのだと思います。

岡山の初詣ランキング上位の由加山初詣は、どのようなご利益やお守りの種類があり、いつまで混雑するのでしょうか?

できるだけ混雑する時間をさけ、ご利益やたくさんのお守りの種類の中からご自身にぴったりのお守りを得たいものです。

  

由加山初詣2020年いつまで混雑する?

由加山の参拝者は、屋台のおばさんにお聞きしたところ、岡山で二番目に多いといわれていました。

実際のランキングはわかりませんが、どちらにしても参拝人数は多くとても混雑することが予想されます。

 

由加山初詣交通渋滞

正月三が日は非常に混雑します。

昨年、2日に初詣に行った際は、朝出発して12時前に由加山への上り道に到達しましたが、途中から渋滞していました。

それでも30分ほどトロトロと進んでつきました。

1時間ほどの参拝を終えて帰るころには、渋滞の車の列が更に長くなっていたので、午前中の参拝をお勧めします。

 

由加山蓮台寺お参り混雑状況

由加山蓮台寺のお参りは、お寺だからか列はできていません。

人は多く混雑していますが、お参りに何分も待つことはありませんでした。

由加山蓮台寺は、事務所の隣から靴をぬいで2階に上がることができるので、ぜひ2階から厄除大不動明王をご覧になってください。

2階の座敷の部屋にはたくさんの人が座っていて、何かな?と思いましたが、ご祈祷される方が待機しているようでした。

お正月にご祈祷となると、多くの方と同時にすることになるので待機時間も祈祷時間も長くなりそうですので、時季を外されるほうがいいと思います。

ちなみに、2階にはトイレがあります。

人が多いとトイレが汚れていることが多いと思います。屋外トイレだと我慢しようかなと思うくらいの時もあるかと思います。

屋内のトイレだからか綺麗に使用されているため、普通に利用できます。

少しでも綺麗なトイレをと思われる場合は、2階のトイレを利用してみてください。

 

由加神社本宮お参り混雑状況

由加神社本宮のお参り混雑状況は、参拝者の長い順番待ち列ができます。

昨年、2日にお参りにいったところ、参拝者の列が由加山蓮台寺と由加神社本宮との敷地の境まで続いており、お参りは断念しました。

お参りの列が2列しかなかったので、お参りの入れ替わりが他の神社に比べて時間がかかるのかもしれません。

 

由加山の駐車場の場所は?

由加山初詣時期の駐車場は、普段はおそらく使われていない場所が駐車場として設けられます。

舗装されておらず、白線で駐車スペースを区切ってあります。

警備の方の指示に従って駐車することになります。

臨時の駐車場から10分くらい歩くことになりすが、臨時の駐車場に停めることをお勧めします。

初詣時期に一番近くの駐車場に停めようとして進むと、狭い道に参拝者が二列くらいで歩いているので、参拝者に気をつけなくてはならないし、

参拝者のカバンなどが車にあたって車が傷づく恐れもあるからです。

 

由加山へのアクセス

由加山は、山の上に立地しているため、車でむかうことになります。

一本道の上へ上へ登っていきます。

最寄りの駅は、JR瀬戸大橋線「児島駅」ですが、そこからタクシーで15分くらいかかります。

ご近所さんならともかく、徒歩での参拝は難しいと思います。

 

由加山初詣のご利益やお守りの種類も紹介

 

由加山ご利益

由加山は、由加山蓮台寺と由加神社本宮とがあります。

由加神社本宮は、日本三大権現の一つで厄除けの総本山といわれています。 

由加山蓮台寺は、厄除けの霊山で、瑜伽の権現さまとして名高く真言宗御室派の寺で別格本山の格式を戴いた古刹とのことです。

由加神社本宮及び由加山蓮台寺ともに、ご利益は厄除けとなっています。

 

お守り

由加山蓮台寺も由加神社本宮でも、かなりの種類のお守りがあります。

由加山蓮台寺でも、たくさんのお守りがありますが、他にもリラックマの絵馬やお守りがあるようで、リラックマの絵馬がたくさんかけられています。

なぜ、リラックマなのでしょうか?理由はわかりません。

 

おみくじ

由加山のおみくじは、推命みくじがおすすめです。

生年月日によりもらえるおみくじが決まっています。

おみくじの順番待ちの際に生年月日を記載する用紙が配られるので生年月日を記載して、順番がきたら窓口に渡します。

すると奥からおみくじを出してきてもらえます。

おみくじの対象期間は、節分から次の年の節分まで(2020年2月~2021年1月)まで。

おみくじに書かれている内容の意味が分かってくるのは7月以降と言われています。

大事に保管して夏以降に再度読み返してみてください。

 

あんころもち

由加山蓮台寺と由加神社本宮には、お土産にあんころもちが販売されています。

由加山蓮台寺で購入した時に販売していた方に「神社の方でもあんころもち販売されていて、作っている会社は違うのでぜひ食べ比べしてみてください。」と言われたので、食べ比べをしてみました。

ぱっと見の違いは、お寺のあんころもちのあんこは色が濃く、神社のあんころもちのあんこは色が薄いです。

食べ比べをしてみて結果、個人的には神社のあんころもちのほうがおいしかったです。

興味のある方は食べ比べをしてみてください。

ちなみに、2日に購入しようと思っていましたが、売り切れになっていました。

お正月は数を増やしてあると思うのですが、それでも売り切れになってしまうぐらい人気です。

 

まとめ

実際、由加山初詣でいつまで混雑しているか、はっきりとはわかりませんが、正月三が日は非常に混雑するものと思われますが、2020年初詣は、厄除け・災難除けのご利益を得るため、そして1年をよりよく過ごすためのお守りを得るため、ぜひ由加山初詣へ行かれてみてください。

混雑している中、お守りを選ぶのも大変かもしれませんが、たくさんお守りの種類があるので、ウキウキしながら選んでみてください。ウキウキしながらお守りを選ぶことで、2020年がより良い年となるはずです。

2020年由加山初詣でいつまで混雑しているか気になっている方やご利益やお守りの種類はどんなものがあるのかと思われている方の参考になればと思います。

-季節ネタ

Copyright© そら にじいろ , 2022 All Rights Reserved.